2011年09月13日

リノカット版画ワークショップ@吉祥寺美術館

夏といえば、私にとってはワークショップの季節!
板橋美術館や小平市の図書館など、週末はワークショップに出かけていました。
そして先週末、この夏最後のワークショップに行ってきました。

今回は、吉祥寺美術館で大人の方を対象に、リノカット版画のワークショップ。
しかも、ラフから刷りまで行うので、10時〜16時の一日講座でした。

kitijoji_rino1.jpg

みなさんお願いしていたラフも描いてきてくださり、スムーズにスタート。
そのラフを元に、どこを彫って、どこを残すのかを考えていきます。
版画に慣れていない方には、一番面倒な、頭を使う作業です。

kitijoji_rino2.jpg

彫る準備が整ったら、彫刻刀の使い方や彫り方などを説明。
リノリウムはやわらかいので、初めての方でも彫りやすいんです。

やっぱり彫ってる時は、みんな無言(笑)
熱中しちゃうんですよね、私もいつもそうです。

kitijoji_rino3.jpg

お待ちかねの刷りの時間。
道具はいつも私が使ってるもの。この日は、一版で濃紺のインクを準備。
ローラーでリノリウムにインクを塗っていきます。

kitijoji_rino4.jpg

インクを塗ったら、プレス機で刷っていきます。
前日に美術館にやってきた、新しいプレス機を一番に使わせていただきました。

みなさん作風がそれぞれ違うのと、初めて使うプレス機なので加減が難しく、少しずつ圧を調節しながら、ひとりひとり丁寧に刷っていきました。

kitijoji_rino5.jpg

作品のほんの一部ですが、こんなにステキに仕上がりました!

みなさんそれぞれ個性があって、次々ステキな作品が刷り上がってきて、私も刷る度に、ウキウキしていました。

もうこれは、一日がんばったみなさんの努力だなって思います。


いつも、自分なりのリノカット版画ライフをおくっているので、こうしてみんなで作業すると、新たな発見や勉強になることが、たくさんありました。

ご参加いただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました。
そして、一日おつかれさまでした。肩こり大丈夫でしょうか。

そして美術館の方々、色々とお世話になり、ありがとうございました。
新しいプレス機をご準備いただき、とても嬉しかったです。


今、吉祥寺美術館では、私の大好きな版画家 南佳子さんの展示中です。
どの作品もオシャレで、かわいくて、鳥さんがいっぱいです!
10月10日までなので、ぜひぜひ足を運んでください。


posted by むらかみひとみ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47907866
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック