2012年01月29日

おなかの赤ちゃんと会話する絵本

Benesseの「befa!」という妊娠・出産・育児を、月齢にあった情報とグッズで、1年間サポートをしてくれる講座があります。

妊娠5・6ヶ月からスタートするのですが、その入会のキャンペーンでもらえるという絵本の、絵と文を担当させていただきました。

befa1.jpg

監修は、池川明先生。池川クリニックの先生で胎内記憶に関する本もたくさん書かれています。
私も胎内記憶に以前から興味があり、先生の「おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと 」や「ママのおなかをえらんできたよ。」を読んでいたので、今回ご縁があり嬉しかったです。

befa2.jpg

この絵本は、おなかの中の赤ちゃんとお話する絵本。
赤ちゃんを授かった小鳥の親子のおはなしです。

befa3.jpg

赤ちゃんに話かけたいけど、実際どのようにしたらいいかわからなかったり、赤ちゃんに気持ちが届いてるのかなと不安に思うママやパパに読んでもらうことで、自然と赤ちゃんと会話しているようなおはなしになっています。

befa4.jpg

池川先生いわく、
赤ちゃんはお母さんの事が大好きでおなかのなかにきたそうです。

だから、こんな自分がママで大丈夫だろうかなんて思わなくても、そのままでいい、そんなあなたを選んでおなかに来てくれたんだからって。


私もいつかそんな事を思う日が来るのかな・・・
まだ想像できないけど、その時はこの絵本を読みかえしたいと思います。







posted by むらかみひとみ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | works : 書籍・雑貨など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53356769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック