2013年07月22日

ながーいはなの絵本ワークショップ@板橋区立美術館

ボローニャ展開催中の板橋区立美術館でワークショップをしてきました。

絵本「La longue trompe de Colongo(こるんごのながーいはな)」をモチーフに、みんなでとってもはなのながーいぞうの絵本を作りました。

ehonWS1.JPG

絵本は、好きな色の画用紙を選んでもらって、6枚のじゃばらの形にしました。

準備してきた特製ぞうさんを配ると、みんな喜んでくれました。
頑張って作っていってよかったデス・v・

ぞうのはなを、クネクネ、グルグル、ながーーくのばして、はなを色々なものや場面に見立てて、お話をつくっていきます。

ehonWS3.jpg

そして、今回はコラージュを使って絵を描きました。
英字新聞、模様折り紙などにペンや色鉛筆で絵を描いて切り抜いてコラージュしたり、雑誌や新聞の写真や文字を面白く切り抜いてコラージュしていきました。

ehonWS4.jpg

ながーいはなを線路や道路にして乗り物を走らせたり、海や山の世界をつくったり、春夏秋冬のお話にしたり、大好きなお菓子や動物をたくさんならべたり・・・

ehonWS2.jpg

みんなそれぞれとっても楽しい絵やお話を描いてくれました。
しかも、ぞうさんにちゃんと名前をつけて、ステキなタイトルを考えてくれたんです。これはもう立派な絵本!

2時間というけっこう長い時間だったのですが、みんな時間ギリギリまで制作に熱中していて、こども達の制作意欲に驚かされました。

ehonWS5.jpg

みんな、こどもにしか描けない絵、アイデアにあふれる絵本を作ってくれました。

久々のワークショップに緊張していたのですが、こども達が不安を吹き飛ばしてくれて、とっても楽しかったです!


参加してくれたこども達、頑張ってくださったお父さんお母さん、美術館の方々、ありがとうございました!




posted by むらかみひとみ at 10:12| ワークショップ